40代主婦のパート探しなら~未経験OKのパートの仕事探し・求人サイト

パートの面接の注意点

40代の専業主婦がパートの仕事を求める時、年齢制限などが懸念される仕事だと、多くはメールで応募したところ後日断りのメールが返ってきて終わりとか、かかってくるはずの電話がかかってこないとか、かなり門前払いに近いところでお断りが来る場合が多いのは確かです。
そんな中、面接へ進めるとすればそれはかなり頑張りたいところですよね。
パートだからと言ってあまり甘く考えていると痛い目に遭いますので、ここはしっかりアピールしておきましょう。

面接の服装
当然ですが、Tシャツにデニムのような近所に買い物に行く格好ではNGです。
派手でカラフルな色も常識がないと思われますので、モノトーンが無難でしょう。
きちんとマナーをもって、ビジネスに耐え得る身支度にして下さい。
スーツが無難ですが、なくてもジャケットは用意しましょう。
また、クローゼットの奥から引っ張り出して来ましたというようなヨレヨレの状態は避けて下さい。

笑顔で声を張る
家にずっといる時間が長いと、相手に伝えているつもりが全然伝わらない声のレベルになっていることが非常に多いです。
家で声を張る機会はほぼありませんから、いざという時に話せなくなっていてびっくりすることもあるでしょう。
いやに喉が詰まって咳払いばかりしてしまったりすると、年齢を感じさせて大きくマイナスになってしまいます。
事前にしっかり喉を潤しておいて、鏡を見ながら口角を上げる特訓をしておきましょう。

想定外でもハキハキと
たまに意地の悪い質問をする面接官もいます。
実際には答えの内容ではなく、そうした事態にも落ち着いて対処出来るかどうか、人柄や態度を見ている場合が多いです。
「ブランクが長いようだが大丈夫か」などといった質問は必ずと言っていいほど出ます。
その期間に習得したものや、得意とする分野があるならそれをアピールするのも一つの手段です。
「はい」や「大丈夫です」や「そうですね」などといった受け答えでは、ちょっと心配ですね。

また、時間は条件の中でも厳しいものですが、「○○希望ですが、多少なら調整可能」という譲歩の態度を示すのもポイントです。

↑ PAGE TOP