40代主婦のパート探しなら~未経験OKのパートの仕事探し・求人サイト

成功するパートの履歴書とは

履歴書は、仕事を得る上でとても重要な書類です。
これは正社員狙いだろうとパート探しだろうと一切変わりません。
履歴書に手を抜く人は失敗する率を高めてしまいますので、甘く見てはいけません。
雇う側も、正社員もパートも一切区別なく内容をチェックしていると認識しましょう。

履歴書と言うと、費用のかかることなのであまりおすすめするのも難しいのですが、やはり写真の良し悪しにはかなり気を遣ったほうが良いということは間違いありません。
プロの写真家にスタジオで撮ってもらうことでどれだけ結果の差になるか、こればかりはタラレバの世界なのでなんとも測りかねますが、やはり人の印象は9割見た目で決まるという説があるくらいですから、投資して損はない部分だと思われます。
少なくとも、携帯で撮ったスナップ写真やプリクラの写真など、常識を疑われるものは避けましょう。

押す印鑑は、少なくとも認め印を用意しましょう。
シャチハタは避けるべきです。
今の時代、100円ショップでも買えますからそれくらいは用意しましょう。

職歴がある人は、しっかり細かく書くに越したことはありません。
例えばパートに出ていたことがある人なら、どの店のレジを担当したとか、配送を担当したなどと言った細かい仕事内容まで書くべきです。
問題は勤務した期間が短い場合なのですが、止むを得ず辞めたことや、仕事で得たことなどに触れて前向きに捉えられるように書きましょう。

趣味や特技は特になくても、料理やDIYなど家事や家庭に関することでも書いておきましょう。
ただし嘘を書いても面接となればバレますので、ちゃんと自分が好きだなと思うことにしましょう。
子どものお弁当を作ることも、立派な内容になります。
面接を想定して、最近どんなお弁当を作ったら喜んでくれた、とか、過去の自信作はこれだなどという広がる話を用意しておくのは良い手段です。

大事なのは志望動機です。
数あるパートの中で、どうしてそこを選んだのか?
お世辞ばかりを書いてもダメですから、雇う相手に対して自分はどんなイメージを持っているのかは、自分でも一度掘り下げてみましょう。

↑ PAGE TOP